<< カルピスの生みの親・三島海雲 | main | 最後の輝き >>

そのまま

JUGEMテーマ:日記・一般

 

本願力にあいぬれば
むなしくすぐるひとぞなき
功徳の宝海みちみちて 
煩悩の濁水へだてなし

 
親鸞聖人のすごさは、自らが体験されたが故のおことばです。
 
“信じるものは救われる”のではなく、“信じる心”そのものが“救われている心”でした。
 
煩悩の泥にまみれた人生が、そのままで功徳の宝が満ち満ちた人生に変わってゆくと言われています。
 


コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
龍仙寺のホームページ
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM