時空を超えたメッセージ

JUGEMテーマ:日記・一般

 

12日に開会式があった龍谷ミュージアムの「龍谷の至宝・時空を超えたメッセージ」。大谷探検隊の資料をはじめ、まさに『至宝』の数々を紹介した本が、法蔵館から出版されました。

 


江戸時代の医学や化学、坪の容積などの計算式。江戸時代の天球儀、須弥山を中心とした仏教の宇宙観に基づいたからくり装置などなど驚くばかりの品々です。
 


龍谷ミュージアム

JUGEMテーマ:日記・一般

 

龍谷ミュージアムで一昨日、「龍谷の至宝“時空を超えたメッセージ”」と題した展示会のテープカットが本願寺・前ご門主御臨席で行われました。
 
龍谷大学の創立380周年を記念して行われ特に、江戸時代のものが多く出展されています。
 
平安時代から江戸時代に到る文献をはじめ、貴重な品の数々に圧倒。
 
説明を聞きながら2時間近く展示を鑑賞させていただきましたが、中でも小さな字で書かれた書籍にさらに糸のような小さな文字でびっしりと添え書きしてあるものなど、どうやって書かれたものか、昔の人の根機に驚くばかりでした。
 
中国大陸や東南アジア、そして日本を含めた地図など江戸時代にどうやって書いたのかただただ驚嘆です。
 
もう一度、ゆっくり見に行きたいと思います。
 


南座公演

今日は、京都の南座の改修記念公演の一環で比叡山天台声明と本願寺の声明の公演がおこなわれます。

私は残念ながら行けません。

本願寺の声明は、いつも聞いていますが天台声明は聞いたことがないので、是非とも聞きたかったんですが・・・残念です。

今朝も2時半

JUGEMテーマ:日記・一般

 

人間って、他人の噂話が好きなんですね。


最近、新聞に載っているテレビ番組を見ると、どれもこれも・・・。


似たり寄ったり。


最近、おかげで早寝早起き。


早や起き過ぎて、時にはまだその日のうち。


再度布団に入るも、寝きれず、午前2時頃から布団を出て、お茶を飲み・・・、なんてことも。


でも、すごい人がいます。


昨日、ご本山のお朝事(6時始まり)に出勤すると、毎朝のように名古屋からお参りに来られるMさんにバッタリ、「今朝も2時半に家を出てきました。」


にこやかに語られました。
 


聲明(しょうみょう)

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

7月6日 京都・南座 南座の改修が完成し、公演再開にあたっての新開場記念としてのイベントの一つとして「日本音楽の源流」と題し、比叡山・天台宗の聲明と西本願寺の聲明が演奏されます。

 

雅楽の粋を堪能できるまたとない公演です。

 

https://www.shochiku.co.jp/play/schedules/detail/minamiza1907_04/


勝如上人御命日

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今日は、前々門様・第23代勝如上人の御命日で昨日の逮夜法要からご法要が勤まっています。


お念仏の道を「おかげさまと生かされて、有難うと生きてゆく道」とやさしくお示しいただきました。


戦争体験もあり、ゴルフやスキーもなさって人間的に幅広い大きなお方というイメージがありました。


龍仙寺にも昭和34年、私が中学3年生の時に御巡教くださっています。


ご誕宸

JUGEMテーマ:日記・一般

 

御門主のお誕生日をお祝いする行事あり、宗務員からお祝いのケ―キ。

 

それがなんと、外観の修復が完成した飛雲閣を型どったケ―キ。      

 

           
見事な演出でした。
 


ホッ!

JUGEMテーマ:日記・一般

 

本願寺もクールビズが始まりました。


スーツ不要。


ネクタイ不要。


楽です。

 


冬はさほど感じませんが、暑くなってもネクタイで首を絞められているのは窮屈です。


広島にいる時は、夏冬通して法衣着用以外は私服で楽な服装をしていますから、本山でのネクタイ生活はまことに窮屈です。


これから9月まで、首を絞められなくて良いのでホッ!


祝賀能と音楽法要

JUGEMテーマ:日記・一般

 

降誕会法要恒例の祝賀能。


観世流・片山九郎衛門さんによる南能舞台での御能、特に面をつけてからの能舞には迫力を感じました。


先日、「執行長プレス」取材で能面をつけさせていただき、能面をつけると正面以外が見えないという視界の悪さを体験させて頂いたので、一層緊張感を持って見せて頂き、迫力を感じさせていただきました。

 


また、降誕会法要終了の後の関係学校の高校生が1,500名参拝して行われた音楽法要も御影堂を満堂にして厳かな音楽法要でした。


降誕会

JUGEMテーマ:日記・一般

本願寺境内の緑がまばゆい時候となりました。






いよいよ降誕会。


受付のテントなど準備が整いつつあります。


祝賀能が演じられる南能舞台も五色幕が張られ、祝賀ムードが盛り上がってきています。


降誕会には、外観が美しく整備された飛雲閣いよいよ公開です。


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
龍仙寺のホームページ
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM