ハエが一匹

JUGEMテーマ:日記・一般

 

内務室にハエが一匹入ってきました。


大騒ぎ。


私が小学校のころは、ハエ取り紙が台所じゅうにぶら下げられ、たくさんのハエがくっついていました。


マッチ箱にとったハエを詰めて学校に持っていったりもしていました。


たった一匹のハエで大騒ぎ。良き時代になったものです。
 


不信の時代

JUGEMテーマ:日記・一般

 

気が付いてみれば、いつの間にか“縁側”がなくなっていました。


昔は“縁側”があって、縁側から直接上がったり座り込んで話をするなど、親しい人は皆、縁側で話し込んでいたものです。


今は、縁側がなくなって、玄関からチャイムを鳴らして確認を得てから上り込むような他人行儀の時代になってしまいました。


家庭も家族同士で個立化。


個を大切にする時代が拒絶化を進ませ孤立化を生み、姿を隠してネット依存やネット炎上など寂しい時代を作り出しているようです。


そんな私達だからこそ、阿弥陀様がいつもご一緒なんですね。


イックンの運動会

JUGEMテーマ:日記・一般

 

昨日は、福山のイックンの運動会に応援に行きました。

 


 
徒競走もリレーも一番になれず、くやしそうなイックン。
 
負ける悔しさは子供の成長に重要です。
 
特に負けず嫌いな性格のイックンには大事な大事な敗戦体験。
 
負けの体験をとおして、少しづつでも幅の広い人間になってもらいたいと切に願うところです。
 


親として我が子に何を!

JUGEMテーマ:日記・一般

 

ノートを整理していたら、知覧特攻平和祈念館に展示されていた石倉三郎大尉の母上からのお手紙の写しが出てきました。

 

「ばくだんをかかえて行く時は、必ず忘れまいぞ ナムアミダブツ と称えてくれ。これが母の頼みである。これさえ忘れないで居てくれたら母は此の世に心配事はない。忘れないでとなえてくれ。こん度会う時はアミダ様で合うではないか。これが何よりも母の頼みである。忘れてはならないぞ。母より」

 

石倉大尉が22歳でお亡くなりになっていますから、お母さんは40代から60才前後と思われますが、今、こんな言葉を特攻で死に向かわんとする我が子に言い切る母親があるでしょうか。


石川県のお方ですから北陸門徒。子供のころからお念仏のみ教え篤いご家庭にお育ちになった方なんですね。
 


当たり前が有り難い

JUGEMテーマ:日記・一般

 

大乗5月号に載っていたお話です。


2歳のお子さんを亡くされたお父さんが、満中陰の御法事で次のような御挨拶をされたそうです。


「子供はたくさんの思い出を残してくれました。自分はまだ36歳だと思っていましたが、2歳の子供が『お父さん、36年ってすごい時間を生きてきたんだね。』と言うのです。私は36年生きてきたことに何の不思議も感じることはありませんでした。当たり前だと思っていました」


生きていること。順調に物事が進んでいることこそ不思議なこと、有り難いことでした。


気が付けば、不思議なこと、有り難いことだらけでした。


不思議に気づく智慧を育てて下さる、それが仏さまでした。


 


EQ

JUGEMテーマ:日記・一般

 

IQという知的な知能指数を表す言葉に対してEQというものがあるそうです。


自己や他者の感情を知覚し、また自分の感情をコントロールする知能ということのようです。


やさしさ、思いやり、人の痛みに共感するなどの人間の人間らしさと言える知能です。


最近、英才教育によってスポーツだけでなく、優秀な知的能力を持った若者が増えていますが、人間同士だけでなく他の生き物への思いやりなど自然を大切にする心の醸成も大切です。


自分にとって都合の良いペットへの愛情は異常とも思える人も多い反面、食事で命を奪っていることには無関心の人も多いようです。


終わりました10連休

JUGEMテーマ:日記・一般

 

あっという間に10連休も終わりました。
 
計画通り過ごせた人。
 
ハプニングや事故などでとんでもない連休になってしまった人。
 
悲喜こもごもの10連休だったことでしょう。
 
お寺は10連休というわけにはいきませんが、それでもご法事も分散で、たまっていた仕事も整理が出来ました。
 
年に一度ぐらい、せめて5〜6日連休っていいですね。


まさに娑婆世界

JUGEMテーマ:日記・一般

 

昨年の今日は、本願寺前ご門主の御導師、前お裏方様御臨席、そして宗派の総長や宗会議長をはじめ宗門の要職にある方々の御出勤・御参拝を得て本堂落慶法要を勤修させていただきました。
 
その後、わずか一年しかたっていませんが、この間、榎川氾濫をはじめ悲喜こもごもまさに娑婆を象徴するかのような一年でした。

 

感無量です。

 

今日は、その時ご出勤いただいた音戸町・善行寺様の継職法要にお参りさせていただきます。
 


門前の花

JUGEMテーマ:日記・一般

 

いつも、気付かない間に活け替えられています、門前の花。

 


 
大きな瓶に豪快に活けられ、お寺の門をくぐる人、門前を通り往く人の目に心に安らぎを与えてくれます。
 
仏婦・岩田さんの御奉仕に感謝です。
 


良きかな!

JUGEMテーマ:日記・一般

 

平成から令和へ。
 
粛々と、何事もなく、新しい時代が明けました。
 
大きな事件や災害などがなく、平穏な中に滑り出した令和です。
 
カープの連敗は止まりませんが・・・。
 


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
龍仙寺のホームページ
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM