天空をかける馬

JUGEMテーマ:日記・一般

 

たくさんの商人を乗せた船が難破してある島に漂着。


島には着飾った女たちがいて商人たちを親切にもてなし、商人たちは女たちの虜になってカップルが出来上がる


実はその女たちは、その島に漂着したものを夫にしては自分の意に従わせ、ついには食べてしまうという鬼女たちでした。


商人たちはそんな事とは知らず、悦楽に耽っていましたが、商人の首領がそのことに気づき仲間とともに逃亡しようとしますが、商人のうち半分はそれに従わず、そのまま島に残り、享楽に耽り続けてついには鬼女たちに食べられてしまうのです。


しかし、鬼女から逃れた半分の商人たちは天空から白い馬が下りてきて助けられます。


白い馬は、実はお釈迦様で「仏の教えに従わない者は破滅に、従うものは彼岸の至福へと導かれてゆく」というジャータカ物語の教えです。
 


ダーナ・ホー・ワールド・ピース

JUGEMテーマ:日記・一般

 

カンボジアのチア・ノルさんというお方のお話を聞く機会がありました。


ポルポト政権時代に、両親も含め170万人もの人が殺害されるという暗黒の時代を体験され、ご自身は運よく13歳で日本に避難。中央大学国際経済学部を卒業後、「日本政府アンコール遺跡救済チーム」に所属してカンボジアで「バイヨン中学」を創設されるなど母国の復旧に活動されているお方でした。


現在のカンボジアは明治時代の初めごろの日本と同じレベルだと話されていました。


宗門は今、ダーナ・ホー・ワールド・ピースとして「子供たちの笑顔のための募金」活動を行っています。


世界には助けを求めている子供たちが大勢いるんですね。
 


人工地震

JUGEMテーマ:日記・一般

 

「リニア亡国論」の著者・舟橋俊介の友人ベンジャミン・フルフォード氏によると3・11大震災は「地震兵器」による攻撃だったと断言しているとのこと・・・眉唾?


アメリカとソ連は1970年代に「お互いの国を地震気象兵器で攻撃しない」と国際条約を結んでいるそうだから、やろうと思えばできるということのようです。


昨年は異常気象で集中豪雨から殺人熱波など日本列島は大被害がでた。これも気象兵器「HAARP」を使えば・・・。


そういえば、安倍総理はトランプさんにべったり・・・ひょっとして脅されている?


そんなわけないでしょうが、「リニア亡国論」の著者・舟橋俊介氏は疑っているみたいです。

 

 

 


微笑ましい光景です

JUGEMテーマ:日記・一般

 

どんどん成長。
 
つかまり立ちして歩き始めたひとちゃんが車を押して歩き出しました。
 
するとなっちゃん、その車に乗ってひとちゃんに押させています。

 


 
車が走り過ぎないよう、調節してあげているようです。
 
さすがお姉ちゃんです。
 


嬉しい日

JUGEMテーマ:日記・一般

 

昨日、初めて龍仙寺にお越しになったお方がお褒め下さいました。


先ずは本堂。そして松。さらに門前の投げ入れお花。


仏教婦人会のiさんというお方が活けて下さっていることをお話しすると、「立派な信者さんがいらっるんですね」と。


「お陰さまです」とただただ嬉しくなりました。 
 


リニア亡国論3

JUGEMテーマ:日記・一般

 

リニア中央新幹線の電力消費は東海道新幹線の40倍。


その電力供給は?


原子力発電しか考えられない。


リニア中央新幹線の導入は、原子力発電普及が目的?


原子力発電は、隠された政府補助金や事故処理費・廃棄物処理費・廃炉費用などを加えると天文学的数字になるとのこと。


さらに原発事故で1,000万〜2,000万人規模での大惨事になることも。


リニアは、9割がトンネル。トンネルの中で火災が起きたら?


震度5〜6の地震では振幅が10僂歪兇┐襦すると磁気浮上中の時速500卅行のリニアは側壁や床から10僂靴離れておらず床や側壁に接触し一瞬で火だるまに。


読めば読むほど空恐ろしいことが「リニア亡国論」に。


根拠のない話がこうして堂々と本になって発行されるはずもなく、でたらめなこととも思えませんが・・・。


リニア亡国論

JUGEMテーマ:日記・一般

 

走る“がん増殖装置”リニア中央新幹線は、“戦慄レベルの超強力電磁波の被ばく人体実験だ”とは、「リニア亡国論」の著者・船瀬俊介氏。


リニア電磁波は「安全基準」の4万倍。


日常的に低周波を浴びせただけでガン増殖は16〜24倍スピードアップし、免疫細胞の攻撃をはねつけるほど凶悪化することははっきりわかっている。


恐るべし、まさにリニアは恐怖の“ガン細胞増殖装置”と警鐘を鳴らしている。


リニア亡国論

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今、リニア亡国論という本を読んでいます。


「夢の超特急」として期待されているリニア中央新幹線。


磁石の力で車体を浮き上がらせ、最高時速500劼覗る夢の新幹線と思いきや、車両の床上で6,000〜40,000ミリガウスという超強力な電磁波を発生し、乗客はそれを受けるとのこと。


送電線や電気器具から出る低周波の電磁波を浴びせるだけでも、がん細胞の増殖率が16倍もスピードアップされ、がんを悪性化する。


子供の脳腫瘍は4ミリガウス以上で10、6倍も多く発症する。リンパ性白血病も4、73倍もの高率で発症。


それがなんと6,000〜40,000ミリガウスというのだから空恐ろしい現実です。
 


ウサギの施し

JUGEMテーマ:日記・一般

 

子供のころ、月でウサギさんが餅つきをしていると、話していたものです。


いつからそんなことが言われるようになったのでしょう?


「ジャータカ物語」にこんな話があるそうです。


森の中に、ウサギと猿と山犬とカワウソが住んでいた。


ある時一人の修行者が来て、食べ物の布施を依頼したところ、猿も山犬もカワウソもその日採れた食べ物を差し出したが、ウサギは何も施すものを持っていなかった。


ウサギは「私は差上げるものがないから自分を食べて下さい」といって火の中に飛び込んだところ、火が消えてしまった。


修行者は、実は帝釈天という神で、みんなの心を試したのでした。帝釈天は、ウサギの布施の心を讃えていつまでもその尊い心が知れ渡るよう、山を押しつぶして山の汁を絞りその汁で月面にウサギの姿を描いたのだと。


古代インドでは月のことを「ウサギを持てるもの」とも呼んだそうです。


入澤崇・龍谷大学学長の新刊「ジャータカ物語」に載っていました。
 


妙好人

JUGEMテーマ:日記・一般

 

「七つの彩りを持つ私の人生は、七つの楽しみと苦しみがある」堺屋太一さんの言葉だそうです。


そして、「強い国を目指した明治、安全を求めた戦後、次は楽しい国を目指して・・・」と。


強い国を目指せば、戦禍が・・・。


安全を求めれば、危険が・・・。


楽しい国を目指せば、苦しみが・・・。


必ず表裏一体であることに気付かされます。


お釈迦さまは“一切皆苦”と言われました。


そしてそのままが“有難し”と輝く世界を開き出して下さいました。


“妙好人”と呼ばれる方々の生き様となって表れています。
 


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
龍仙寺のホームページ
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM