阿弥陀様がご一緒です

世界中を大きな不安と恐怖が覆っています。

 

アメリカの景気拡大にともない、日本も期待感が広がっていた矢先、まさに天国から地獄。

 

仏教で説く天国は有頂天、迷いの世界、六道輪廻の頂点です。

 

有頂天から地獄へ真っ逆さま。

 

そんな六道輪廻の私だからこそ、寄り添ってくださる仏様が阿弥陀様でした。

 

目には見えなくても、声の仏様・南無阿弥陀仏となって寄り添ってくださっています。

 

いつでもどこにいても阿弥陀様がご一緒です。


5080問題

引きこもっている子供が50代、そしてその子を支える親が80代。

 

若い時、いじめなどの人間関係のこじれから引きこもってしまい、50代になった子供の生活を支える親が80代になっているという厳しい現実です。

 

青少年時代に受けたいじめが、一生を支配する。

 

いじめの恐ろしさであり、人間の弱さです。

 

いじめられるのも、いじめるのも人間。

 

弱くて、恐ろしい人間の現実です。


早く終わって欲しいです。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

桜の季節がやってきましたが、コロナに阻まれて期待をうらぎられ、花見ができなくなって残念に思っている人が多いことでしょう。

 

町内、榎川の川岸も例年なら、昨日の日曜日なんかは花見の宴で賑わっていたことでしょうが、昨日は誰一人花見をしている人はいませんでした。

 

 

コロナとの戦争、早く終わらしたいですね。
 


アビガンが効く?

本当ですか?


インフルエンザ薬「アビガン」を新型コロナウイルス感染症の治療薬として、正式に承認する方向で政府は動いているとのニュース。

 

効く薬が見つかったということでしょうか?

 

もしそうならうれしいことですが?・・・、早く確かな情報を確認したいものです.

 

 


鉄槌

 

ウイルス攻撃

 

自然を壊し、覇権争いを繰り返す人間どもに一撃を!

 

大自然の逆襲を受けているんでしょう。

 

グレタ・トゥーンベリーさんの警鐘を応援しているかのようです。

 

人間の欲望の延長上には、まことの“安らぎの場はない”と。

 

 


はて私は?

今の私は、今の私でしかない

 

人は、日々新たな出会いによってものの見方も変わり、肉体的にも変化してゆきます。

 

周りが変わっても私は変わらないと思いがちです。

 

でも、人や出来事との出会いによって考え方も変化し、肉体的にも変化が進んでいます。

 

これを無常といいます。

 

昨日の私は今はどこにもいない。

 

私っていったい何者か?

 

どこから来てどこへ行こうとしているのか?

 

それが見えないのを無明といいます。


かつてない敵

何しろ、敵は見えない。

 

距離をとっても、換気をよくしても、手洗いをしても、マスクをしても・・・これで大丈夫はありません。

 

団子になって遊ぶのが子供たちの自然な姿。

 

日常の自然を奪われた子供たちがいつまで耐えられるのか?

 

地球上で最も我が物顔にふるまってきた人間に、かつてない手ごわい相手が出てきました。


百華園

JUGEMテーマ:日記・一般

 

本願寺百華園の桜が咲きました。

 

百華園は秋の紅葉が美しいのですが、桜はやはり今欠かせない花。

 

何と言っても今、待ちわびた花です。

 

 

まだまだ七分咲きです。
 


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
龍仙寺のホームページ
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM