彼岸花

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 

境内・共命の松の奥でに彼岸花が咲いています。
 
紅色の花を見事に咲かせてくれました。
 
お墓詣りの皆さんをそっと見守っているようです。


一番大切なもの

JUGEMテーマ:日記・一般

 

昨日は坊守の里、神戸・高福寺の彼岸法要に行ってきました。
 
父親である前々住職の23回忌と祖母の33回忌法要を兼ねた御法要でした。
 
終戦後、戦地から引き揚げて帰ってきたお寺は焼け野原。
 
そんな状態から、同じく戦災に遭ったご門徒の皆様と復興に取り組み、現在のお寺を復興させた御苦労は並大抵ではなかったことと改めて感動しました。
 
龍仙寺もそうですが、立派に見えるお寺の背景には、それを作り上げた多くのエネルギーが結集してのことでした。
 
当たり前と言えばその通りですが、活かすも殺すも人間の心次第。
 
人の“心”がどこを向いているかによって、世の中の動きが変わってゆくのですね。
 
政治も芸術も皆すべて人の心が生み出してゆくもの。
 
心に何があるか?
 
それが一番大切でした。
 


YouTube初登場

JUGEMテーマ:日記・一般

 

龍仙寺コーラスがYouTubeに初登場です。
 
今年6月の「仏教参加を歌う会」で発表した“LIFE また会えるね”の映像が上がりました。
 
龍仙寺のHPの中、「参加しませんか」のところから見れます。
 
私も初めてコーラスに参加しました。
 
“枯れ木も山の賑わい”と。
 


一人気を吐いています

JUGEMテーマ:日記・一般

 

何のための解散か?
 
石破茂さん一人気を吐いています。
 
「何のための解散か?」
 


真実

JUGEMテーマ:日記・一般

 

“信じる”これほどいい加減なものはありません。
 
人間の心ほど当てにならないものはありません。
 
“信じる者は救われる”そんなことはありません。
 
なぜなら、信じている私の方が確かでないからです。
 
確かでないものがどんなにかたくなに信じたとしても、所詮確かでないのです。
 
永遠の愛を誓い合った二人が、いとも簡単に憎み合う関係になる現実を考えれば一目瞭然です。
 
私の心に、確かなものはないのです。
 
お彼岸の法要で御講師のお話を“まことまこと”と頷きました。
 


秋季彼岸法要・永代経法要

JUGEMテーマ:日記・一般

 

秋季彼岸法要が昨日から行われています。
 
御講師・福間義朝師の軽快な話しぶりに思わず引き込まれています。
 
今日の昼席までのご縁です。
 


“お兄ちゃん”

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今日は、仁保・西福寺住職のお葬式。
 
“お兄ちゃん”という愛称で誰からも慕われる優しい性格でした。
 
彼の人柄で昨夜のお通夜には、境内にあふれんばかりの弔問者でいっぱいでした。
 
多くの人から惜しまれた“お兄ちゃん”、もうどこを探してもあの人懐こい顔に遇うことは出来ません。
 
でも、ナンマンダブツ、私の称えるお念仏の声の中にいつでも帰ってきてくれます。
 
「あんたは忘れとっても、わしは忘れとらんよ」
 
ただただ、お念仏申しばかりです。
 


光雲な毎日

たまたまネットで目に留まり、注文しました。

久保光雲さんという女性僧侶の著書。

光雲さんは現在、ブラジルに開教師として赴任しているそうです。

広島の可部町出身ですが、お寺とは全く関係なかった方で、広島女学院を卒業され、京都の芸大に学ばれたとのこと。

女学院ではキリスト教のみ教えを学んだそうですが、なぜか親鸞聖人のみ教えによって人生が180度転換したそうです。

全く仏縁のなかった彼女が得度し、宗学を学び、龍谷大学の博士課程まで学びを深め、僧侶としてブラジルの開教に!

読みやすく、分かりやすい仏教入門書です。

発売 星雲社
定価 1,500円+消費税


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
龍仙寺のホームページ
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM